こんにちは、なつめです^^


昨日地鎮祭が無事終わり、本日からいよいよ着工となりました。


我が家の着工は、ずばり「地盤改良工事」です。


このあたりの地盤は良いところはほとんどないと言われていますが、我が家はとびっきり緩いでしょう。

だって川のすぐ横だからね(笑)


地盤改良工事は絶対必要だと思っていたのですが、あとはどのくらいの改良工事で済むか、ということが焦点に。

地盤改良工事には大まかに分けて3種類。

軽いほうから表層改良、柱状改良、杭。


表層改良は比較的支持地盤が浅い所に位置していて、基礎下の表面だけ改良を施すもの。

表層改良では足りないところは、柱状改良。

名の通り柱の形に支持地盤までの間の部分を改良します。


で、それでもダメな場合~は杭、です。


地盤調査をお願いして、結果はすぐに出ました。

あ、ちなみに調査方法はベーシックなスウェーデン方式。

スクリューみたいなので一定荷重をかけて掘る方法です。


結果。

支持地盤は4mほど下。

そこまでの地盤は粘質土。軟弱地盤です。

当然・・・杭、でした( ̄ー ̄;


予想していたので特にびっくりもしなかったけどね。

でも以前某ハウスメーカーさんで聞いたときは鋼管杭工事200万って言われたけど、そんなにかからなかったぞ。

半値近いくらいの勢いで済むことになりました。

ハウスメーカーさんってやっぱり高いのかしらね・・・。


杭は鋼管杭にしました。

砕石杭も検討しましたが、やはり摩擦杭より支持杭の方が良いだろうとのことで。

鋼管杭が思ったより安くできそうだったので鋼管杭に決めた次第です。



green treasure*~なつめの手仕事日記

杭、こんなの。

先端に羽根がついてて、この羽根と杭の両方でおうちを支えてくれます。



green treasure*~なつめの手仕事日記

初日の様子。

職人さんは千葉県旭市からはるばる来てくれて~

雨が降ったりやんだりの中、次々と杭を打ってくれました。


green treasure*~なつめの手仕事日記


どんどん埋めていくと、ある一定の深さからガリガリッゴリゴリッという音が聞こえます。

たぶん支持地盤に届いてる音なんだろうなあ。

なにやらとっても安心感^^


全部で38本。

初日で終わるかと思いきや、杭打ち場所に大きな岩が埋まってるのが発見され、岩を砕いてからの工事になったため翌日に持ち越しました。

たぶん、昔は立派な庭で、池とかあったからその名残かしらね。


杭工事が終わると今度は職人さんが変わり基礎工事に入ります。

毎日ストーカーのように現場に通ったりしてね(笑)





日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックしてくださるとうれしいです。
一日1クリックでランキングが上がる仕組みです。


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ