おはようございます、なつめです。




昨日の保育参観


とってもたのしかったです。




リズム体操っていう体操の時間を見たのですが


いやいやなんか一生懸命やってる姿に


母としてちょっと感動を覚えたり・・・




そして一緒に食べたカレーがめちゃうま!


あの給食毎日食べてるのかと思うと


わたしも通いたい。(←オイ)




来月は運動会です。


いやーこりゃー


自分がやるより緊張するだろうなあ・・・^^





セリアさんできゃわいい木製マグネットクリップを。






green treasure*~なつめの手仕事日記



木製って言っても


ナチュラル過ぎず・・・ざっくり感があっておお!って思いまして。


なんか木肌が好み~♪




やはり元林さんの商品でした。


元林さん・・・わたしのなかで大ヒット!




green treasure*~なつめの手仕事日記





ざっくりした木肌。


色はすこし黄色みがかったステインっぽいですが


これもかわいいかな?




Aの文字が効いてますね^^




この四角い部分はネームプレートになってるので


紙とか入れられます。






green treasure*~なつめの手仕事日記





横から見るとこんなです。


クリップ部分が無塗装なので、塗るかどうかってところですね。


でも見えない部分だからそのままだろうな、わたし(←ものぐさ)




材質はざっくりしてるからラワンかな?




気になったので調べてみました。


合板(ごうはん)とは・・・


薄く切った単板を、繊維方向を90°、互い違いに重ねて熱圧接着した木質ボードのことである 


(ウィキペティアより抜粋)




一般的に日本では合板のことをベニヤと呼ぶことがあるけど


本来ベニヤは単板のことなんだって。(英語でveneer)


ちなみに合板はplywood


プライウッドってなんか聞いたことあるわ~そういう意味だったのね。




よくホームセンターでみかけるシナ合板


これは、ラワン合板の表面にシナ材を貼ってるものらしい。


押入れとかに良くみかける。


シナ材は表面がさらりとなめらかなの。


ラワン合板よりシナ合板の方がお値段、高いもんね。




わたしはこものを作るなら質感的にラワンの方が好きかな~。


でも体がこすれる部分にはシナの方が危なくないかな。




どちらにしても、最近の私は


合板の・・・層が重なってる小口が好きです(←マニア発言)




ホームセンターでもかなりお安く手に入りますよ。


先日、つくったアトリエの引き出し






green treasure*~なつめの手仕事日記





これも一畳分、998円で手に入れたラワン合板。


厚みは9mmくらいかな。


この箱6個と、2倍サイズのトレーが作れました。


あっぱれ~




この合板技術を生み出した先人はすごい。


だって反らないですよ~。


そして小口がかわいい(←しつこい)


まあ一枚一枚の板がうすいので水場には適さないイメージなんだけど・・・


↑今は耐水タイプがあるらしい。すごい。





無垢材の反りを上手に扱いながら使える大工さんの技術も・・・




その昔、無垢として使えない材料をどうにかして使おうとした


いまでいう廃材活用の達人?な技術者も・・・


どちらもとても素晴らしい。




スバラシイ先人によって


わたしはこうしてDIYを楽しめるのです。




のちの世代にも役にたつ技術を開発するって


ほんとすごいことです。




ありがとう~^^ってとりあえず筑波山に叫んでおきます・・・!




・・・って木製クリップからずいぶん脱線しましたが(笑)




つまり合板の小口はかわいいって話でした。


(↑たぶん違うww)




クリップは冷蔵庫に使おうかな・・・^^








いつもありがとう。

今日もふたつクリックしてくださると

とてもうれしいです。





お役にたてる記事を書ければと思ってます^^



green treasure*~なつめの手仕事日記


green treasure*~なつめの手仕事日記




ESSEプラチナレポーター2012参加しています^^

green treasure*~なつめの手仕事日記











日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックしてくださるとうれしいです。
一日1クリックでランキングが上がる仕組みです。


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ